chefex

個人で専属運転手を雇う時にチェックしておく事


専属運転手としての経験は豊富かどうか

これまでに専属運転手としての経験があるかどうかは、事前に面談でチェックしておくと良いです。何故なら経験があれば、誰かを乗せて運転する事に慣れており緊張せず、かつ安全運転出来るので安心して乗車する事が出来るからです。また専属運転手の経験がなくても、前職がタクシー運転手だったりすると、お客さんを乗せて運転していたので問題はありません。

身だしなみやマナーはしっかりしているか

普段の身だしなみや話し方、それから挨拶が出来るか等の最低限のマナーはあるかどうかも事前の面談等でチェックしておく事が重要です。服装は別に値段の高いものを身につけなければならないとかではなく、シャツやスーツはとにかくシワがないようにアイロンをかけたものを着ているかや、靴もブランド物でなくても良いので汚れがない清潔なものを履いているか等を確認しましょう。話し方もいわゆるタメ口ではなく、敬語が出来ているかを面談でチェックすると良いです。

雇う側との相性に問題はないか

専属運転手として雇うと、週に何回も多ければほぼ毎日ドライバーと会う事になります。その為雇う側との相性も大事になってきます。しかも家族がいて、子供の送り迎えをする場合は、子供との相性も大事になって来るので結構大変です。そこで可能であれば面談で家族とも顔合わせをして、少し会話をしてみて問題がないか相性をチェックしてみるのが良いですが、それが難しいのであれば自分が色々質問をして判断するしかありません。結婚はしているのかや子供はいるのか、また話好きなのか話下手なのか位はチェックしておきましょう。

運転手の派遣は、非常に人気となっています。特に、夜勤は多くの収入を得ることができるため、夜に働きたい人が増えています。

Previous Article
外資系企業への転職を成功させるにはどうすれば良い?