chefex

外資系企業への転職を成功させるにはどうすれば良い?


外資系企業に向いているか見極める

外資系企業は成果主義であり、結果を出すほど報酬が増えるというインセンティブ制度を採用しています。つまり上昇思考が強く、自ら積極的に動ける人が向いています。逆に安定志向があって、言われた事だけを真面目にコツコツやるタイプの人が外資系企業に入ると戸惑うかもしれません。誰かが手取り足取り仕事を教えてくれる訳では無いので、何をすれば良いかわからず、職場に居辛くなる可能性もあります。結局、意気揚々と転職しても、会社の方針や雰囲気が合わなければ気苦労が多くなり、転職は失敗だったと後悔する事にもなりかねません。まずは自分は外資系企業に向いているタイプなのか、しっかり見極めてから行動に移す必要があります。

スキルや実績を活かせる職場を探す

外資系企業は幅広く色々な仕事が出来る人より、何らかの専門分野を極めたスペシャリストを求める傾向にあります。また即戦力の採用が基本であり、中途採用者は入社当初から期待されています。もし会社の選択を間違って全くの未経験の仕事に就く事になれば、自分が苦労するだけではなく周りにも迷惑をかけてしまうため注意が必要です。転職を成功させるには、「外資系企業ならどこでも良い」と安易な考えで探すのではなく、それまで培ってきたスキルや実績をフルに活かせる会社を選ぶ事がポイントです。転職活動に入る前には、これまで取り組んできたプロジェクトの内容や実際に挙げた成果など経歴を書き出してみても良いかもしれません。客観的に自分の価値が判断でき、書類や面接において自分の強みや特長を上手くアピール出来るようになります。

外資系求人は、日本企業と異なる労働条件が設定されているものが多く、若くして実績がある人や仕事へのモチベーションが高い人が重宝される傾向があります。